指揮者紹介 - 都響について

終身名誉指揮者 小泉 和裕

終身名誉指揮者

小泉 和裕

KOIZUMI Kazuhiro Honorary Conductor for Life

京都生まれ。1969年東京藝術大学指揮科に入学、山田一雄に師事。1970年第2回民音指揮者コンクール第1位。

1972年、新日本フィル創立に際し、指揮者として参加。同年ベルリンのホッホシューレに入学し、ラーベンシュタインにオペラ指揮法を師事。1973年夏、ボストンのタングルウッド音楽祭に参加し研鑽を積む。

1973年、第3回カラヤン国際指揮者コンクール第1位。その後ベルリン・フィルを指揮してベルリン・デビューを飾った。

終身名誉指揮者 小泉 和裕
終身名誉指揮者 小泉 和裕

1975~79年、新日本フィル音楽監督を務める傍ら、1975年ベルリン・フィル定期演奏会に登場、1976年フランス国立放送管を指揮しルービンシュタイン、ロストロポーヴィチとも共演、同年ザルツブルク音楽祭でウィーン・フィルを指揮、その後もミュンヘン・フィル、バイエルン放送響、フィルハーモニア・フンガリカ、西ドイツ・フィルなど、ヨーロッパ各地において精力的な指揮活動を行った。アメリカでは1978年ラヴィニア音楽祭でシカゴ響を指揮、1980年同響定期公演に登場。その他、ボストン響、デトロイト響、シンシナティ響、トロント響、モントリオール響などにも客演。

1983~89年カナダのウィニペグ響の音楽監督、1986~90年都響の指揮者を歴任。ロンドンのロイヤル・フィルには1988年より定期的に招かれ、数々の名演を残すとともにチャイコフスキーの交響曲第4、5、6番のディスクを完成させた。

これまでに、都響首席指揮者/首席客演指揮者/レジデント・コンダクター、九響首席指揮者、大阪センチュリー響(現・日本センチュリー響)首席客演指揮者/首席指揮者/音楽監督、仙台フィル首席客演指揮者を歴任。

2013年5月、都響を率いてチェコ&スロヴァキア3都市を訪問。「プラハの春」音楽祭などで熱演を繰り広げ、ツアーを成功に導いた。

現在、都響終身名誉指揮者、九響音楽監督、名古屋フィル音楽監督、神奈川フィル特別客演指揮者を務めている。