指揮者紹介 - 都響について

首席客演指揮者 アラン・ギルバート

首席客演指揮者

アラン・ギルバート

Alan GILBERT Principal Guest Conductor

2018年4月に都響首席客演指揮者へ就任、7月に就任披露演奏会を行った。2019年9月にNDRエルプフィル(北ドイツ放送響)首席指揮者へ就任予定。ロイヤル・ストックホルム・フィル桂冠指揮者、ジュリアード音楽院指揮・オーケストラ科ディレクター。都響とは2011年7月に初共演、2016年1月・7月、2017年4月と共演を重ね、ブラームス、ベートーヴェン、マーラー作品から現代作品においても常に熱演を引き出し、大きな喝采を浴び、首席客演指揮者就任が実現した。

ハーバード大学、カーティス音楽院、ジュリアード音楽院で学ぶ。ニューヨーク・フィル音楽監督、クリーヴランド管副指揮者、サンタフェ・オペラ初代音楽監督、ロイヤル・ストックホルム・フィル首席指揮者(現・桂冠指揮者)、NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(旧・北ドイツ放送響)首席客演指揮者を歴任。2017年まで8シーズンにわたり音楽監督を務めたニューヨーク・フィルでは、在任中に2つの現代音楽シリーズ「CONTACT! 」「NY PHIL BIENNIAL」を立ち上げるなど、芸術性を広げる活動が高く評価された。

首席客演指揮者 アラン・ギルバート
首席客演指揮者 アラン・ギルバート

ベルリン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、シュターツカペレ・ドレスデン、パリ管、クリーヴランド管、ボストン響など主要オーケストラへ定期的に客演。オペラではメトロポリタン歌劇場、チューリヒ歌劇場、スウェーデン王立歌劇場、サンタフェ・オペラなどへ登場した。リンカーン・センターとニューヨーク・フィルの合同オペラ企画によるジョージ・ベンジャミンの『Written on Skin』米国初演で、マーラー室内管を指揮。
メトロポリタン歌劇場とのDVD『ドクター・アトミック』(Sony Classical)、ルネ・フレミングとのCD『ポエム』(Decca)でグラミー賞を獲得。

ニューヨーク・フィルのステージ形式による『スウィーニー・トッド』およびフランク・シナトラ生誕100周年記念ガラ・コンサートを放映したテレビ番組『ライブ・フロム・リンカーンセンター』で2015年と2016年のエミー賞優秀音楽監督賞にそれぞれノミネートされた。2010年カーティス音楽院より名誉音楽博士号を授与。2011年コロンビア大学からディットソン指揮者賞が贈られた。2014年アメリカ芸術科学アカデミーに選出されたほか、フランス政府より芸術文化勲章「オフィシエ」を受章した。2015年ロイヤル・フィルハーモニック協会の外交政策協会メダルを受章。2016年ウェストミンスター・クワイア・カレッジより名誉音楽博士号を授与された。

http://www.alangilbert.com/en-us/