NEWS & TOPICS

ニュース&トピックス

ニュース一覧 2017.07.20 up

レポート

7/19開催 大野和士のこころふれあいコンサート レポート

fureai1
子供たちに笑顔で語りかける大野和士

fureai2
トトロのぬいぐるみが現れ、会場内が笑顔に包まれる

昨日7月19日(水)、大野和士が横浜市の神奈川県立こども医療センターで「こころふれあいコンサート」開きました。
大野は、国内の病院・高齢者施設をまわり、普段コンサートを聴きに行くことが難しい方々へ音楽を届けるボランティア活動を2008年から続けています。

コンサートは約1時間。大野は自らピアノを弾き、4名の声楽家たちと共に、クラシック音楽から日本の歌まで10曲ほどを入院中の子供たちやそのご家族へ贈りました。

途中、タンバリン、マラカス、鈴などの楽器が子供たちに配られると『となりのトトロ』の「さんぽ」と『忍たま乱太郎』の主題歌「勇気100%」が演奏されました。子供たちは、大野の弾く軽快なピアノにあわせて楽しそうに楽器を演奏し、声楽家たちと一緒に歌い、会場は大盛り上がり。

その他、J.シュトラウス2世の『こうもり』より 「侯爵さま、あなたに教えましょう」やプッチーニ の『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」などオペラの楽曲を気さくなトークを交えながら披露。子供たちが身体の芯に響く歌声にじっと耳を傾ける様子がとても印象的でした。

最後は「ふるさと」を会場にいた全員で大合唱。盛大な拍手でコンサートは幕を閉じ、音楽が人々の心をつなぐ素敵なコンサートとなりました。

“音楽を必要とするところへ”大野の想いの詰まった「ふれあいコンサート」は、今月の27日まで全国6ヶ所で行われます。


fureai3
ピアノ伴奏するマエストロ
fureai4
左から 大武彩子(ソプラノ)、鈴木望(メゾ・ソプラノ)、
市川浩平(テノール)、寺本知生(バス)