←

→

SUPPORT THE TMSO

遺贈、遺産のご寄付について

遺贈について

遺贈について

東京都交響楽団では、お客様の想いを後世に残せる寄付として、遺贈を承っています。
遺贈についてご関心をお持ちの方や、音楽を通して社会に貢献したいとお考えのお客様は、パトロネージュ担当までお問い合わせください。

遺贈とは

所有されている財産(一部または全部)を遺言によって、公益法人や社会貢献団体などに寄付することです。

相続税について

当楽団は公益財団法人に認定されておりますので、ご遺贈いただいた財産については、相続税の課税対象となりません。

遺贈手続きの流れについて

遺言によるご寄付には、遺言書の作成・管理・実行が必要となります。

①ご案内
まずは東京都交響楽団へご相談ください。
パトロネージュ担当:TEL:03-3822-0727 E-mail:patrons@tmso.or.jp
②ご紹介
都響から提携信託銀行をご紹介いたします。
※提携信託銀行:みずほ信託銀行りそな銀行
③信託銀行
専門のスタッフが、ご相談内容に合わせて最適なプランをご提案し、遺言書の作成→保管→遺言執行のお手続きをさせていただきます。
※遺言書の作成・保管・遺言執行については、所定の手数料が必要となります。
④遺贈の実施
遺言内容に従い、相続人等への遺産配分、および、都響へご寄付いただきます。

遺産のご寄付について

遺産のご寄付について

相続した遺産を、社会や文化に役立てたいとお考えの方は、パトロネージュ担当までご連絡ください。

※相続税の申告期限内にご寄付をいただければ、相続税は免除されます。
※遺産のご寄付には、遺産の調査や収集が必要となる場合があります。

皆様からのご寄付は定期演奏会をはじめ、
教育や社会に貢献するための様々な活動に役立てられています。

定期演奏会
定期演奏会

子どものための音楽鑑賞教室
子どものための音楽鑑賞教室

障害者のためのふれあいコンサート
障害者のためのふれあいコンサート

福祉出張コンサート
福祉出張コンサート

マエストロ・ビジット
マエストロ・ビジット

被災地支援
被災地支援

Q&A

Q
どのような方が、遺贈を希望されるのですか?
A
「一人暮らしで身寄りもないので、財産を社会に役立ててほしい」
「長年にわたり都響の会員なので、これからもずっと都響を応援したい」
「子どもたちの音楽教育のために、少しでも力になりたい」
 という方からのご相談が多いです。
Q
遺贈と遺産寄付の違いは何ですか?
A
遺贈とは、遺言によって都響へ寄付していただくことで、ご本人の意思によって行うものです。
遺産寄付とは、相続人から寄付をいただくことで、相続人の意思によって行うものです。
Q
寄付した財産はどのような活動に使われるのでしょうか?
A
東京都交響楽団では皆様からのご寄付に支えられて、定期演奏会や教育・社会に貢献するための様々な活動を行っています。
例えば、小中学生を対象に年間約60公演行っている「音楽鑑賞教室」や東日本大震災の被災地へ赴き子供たちに演奏を届ける学校訪問コンサートなど、子どもたちに音楽の力を伝える活動を展開しています。
また、福祉施設・病院等へ楽団員が赴いて演奏する「福祉出張コンサート」をはじめ、障害をお持ちの方にも、コンサートホールでの生演奏を楽しんでいただくための「ふれあいコンサート」などを実施し、ひとりでも多くの方に音楽の喜びを伝えようと、多彩な活動を積極的に行っています。

お問い合わせ・ご相談
公益財団法人東京都交響楽団/パトロネージュ担当
TEL:03-3822-0727(月~金 10時~18時)
E-mail:patrons@tmso.or.jp

都響へのご支援について

都響ガイド 営業案内

[電話番号]03-3822-0727

[営業時間]

月-金:10時~18時

土・日・祝:休み

※都響WEBチケットは365日お申込み
 いただけます

◇主催公演開催のため
 営業時間が変更になります
 6月30日(金) 16:00営業終了

◇東京文化会館休館のため
 お電話のみの営業になります
 6月26日(月)、6月27日(火)