←

→

スペシャルムービー

2018年スペシャルムービー

1/11公開NEW

大野和士が語る マーラー:《少年の不思議な角笛》より Part1

2018年4月の定期演奏会でマーラーの交響曲第3番を指揮した大野和士が、名歌手イアン・ボストリッジを迎えて同作曲家の《子供の不思議な角笛》を演奏します。
Part 1では、定期演奏会で取り上げる曲のうち“美しいトランペットの鳴り渡るところ”をピアノ演奏と共に解説しています。
ぜひご覧ください。

1/11公開NEW

大野和士が語る マーラー:《少年の不思議な角笛》より Part2

『少年の不思議な角笛』は、もとはアヒム・フォン・アルニムとクレメンス・ブレンターノという二人の詩人が収集編纂した古ドイツ民謡集です。 マーラーはこの詩集から、オーケストラ伴奏の歌曲集を作曲しました。
Part 2では、マーラー作品に多大な影響を与えたその詩集についてや、後半の曲 “死んだ鼓手” 、“少年鼓手”について解説しています。

1/11公開NEW

大野和士が語る プロコフィエフ:交響曲第6番

音楽監督・大野和士がプロコフィエフ:交響曲第6番をピアノ演奏と共に解説します。
第2次世界大戦後、最初にプロコフィエフが作曲したのが交響曲第6番でした。この曲に込められた作曲者の思いを、各楽章のテーマを紐解きつつ解説します。

7/21公開

アラン・ギルバート 首席客演指揮者就任会見《ダイジェスト》

「都響とともにどんな旅路をたどるのか楽しみです」──
2018年7月17日、この4月より都響首席客演指揮者に就任したアラン・ギルバート氏を迎えて、記者会見を開催しました。会見の模様をダイジェストでお届けします。

4/13公開

大野和士が語る チャイコフスキー:交響曲第3番

音楽監督・大野和士がチャイコフスキー:交響曲第3番をピアノ演奏と共に解説します。音楽の作りから読み解いたチャイコフスキーの気持ちを熱く語っています! この動画を見れば、より演奏を楽しめること間違いなしです。

4/3公開

大野和士が語る マーラー:交響曲第3番 Part1

都響の2018年度は、音楽監督・大野和士によるマーラーの大作「交響曲第3番」で幕開けです。
Part1では、マーラーとブラームスの関係や、この交響曲の自然観について語ります。

4/3公開

大野和士が語る マーラー:交響曲第3番 Part2

音楽監督・大野和士がマーラー「交響曲第3番」をピアノ演奏と共に語ります。
Part2では、マーラーがこの曲を書いていた時の背景や、マエストロがこの作品を演奏する上で重要と考えている2楽章について語っています。

4/3公開

大野和士が語る マーラー:交響曲第3番 Part3

Part3では、最終楽章である6楽章から、人間の苦しみと希望についてピアノ演奏と共に語ります。

3/6公開

『響き続ける、東京オリンピック (1964)の“レガシー”』

1964年の東京オリンピックを記念して設立された都響、そして音楽監督である大野和士を筆頭に、ニューヨークフィル音楽監督として活躍したアラン・ギルバートを首席客演指揮者に迎え、新たな体制で2018年度がスタートします!

動画コンテンツ

YouTube 都響チャンネル