←

→

スペシャルムービー

2017年スペシャルムービー

11/17公開NEW

大野和士が語る メシアン《トゥーランガリラ交響曲》 Part1

2018年1月の定期演奏会では、メシアンの代表作にして20世紀に生まれたシンフォニーの最高峰の一つ、《トゥーランガリラ交響曲》を大野和士の指揮でお贈りします。 《トゥーランガリラ交響曲》は、大野和士が「2017年度シーズンプログラムの中心」として位置付け、並々ならぬ意欲を燃やす作品です。Part1では、メシアンの視点やその音楽の魅力、そしてコンサートの前半に演奏されるミュライユの作品について紹介します。

1月18日 公演詳細へ

1月20日 公演詳細へ

11/17公開NEW

大野和士が語る メシアン《トゥーランガリラ交響曲》 Part2

音楽監督 大野和士が指揮する2018年1月の《トゥーランガリラ交響曲》を熱く語るPart2。“果てしなく広がる響き”“瞬く星々のように煌くサウンド”。マエストロ自身がピアノを弾き、作品の魅力と秘密を語り尽くします。

1月18日 公演詳細へ

1月20日 公演詳細へ

11/17公開NEW

大野和士が語る メシアン《トゥーランガリラ交響曲》 Part3

音楽監督 大野和士が指揮する2018年1月の《トゥーランガリラ交響曲》を熱く語るPart3。“人間としてあるべき姿とは何か”作曲家が作品に込めた想いを大野が読み解きます。これをご覧いただければ、作品の魅力を存分に楽しんでいただけること間違いなし!

1月18日 公演詳細へ

1月20日 公演詳細へ

8/18公開

大野和士が語る ハイドン《天地創造》 Part1

2017年9月の定期演奏会で取り上げるハイドンのオラトリオ《天地創造》。マエストロは、《天地創造》を「2017年度シーズンプログラムの中の一つの大きな柱である」と語っています。Part1では、大野和士が曲に対する自身の想いやエピソードなどを紹介します。

9月10日 公演詳細へ

9月11日 公演詳細へ

8/18公開

大野和士が語る ハイドン《天地創造》 Part2

ハイドンの傑作オラトリオ《天地創造》は、大野がかねてより温めてきた想い入れのある作品。Part2では、マエストロがピアノを弾き、聴きどころを分かりやすく解説します。

9月10日 公演詳細へ

9月11日 公演詳細へ

6/7公開

大野和士が語る スクリャービン《神聖な詩》の魅力 Part1

2017年6月30日の定期演奏会で取り上げるスクリャービンの交響曲第3番《神聖な詩》は、彼が音楽による自我の解放や法悦の境地を目指し始めた頃の大作です。Part1では、大野和士が作曲家のエピソードやその背景を説明しています。

6月30日 公演詳細へ

6/7公開

大野和士が語る スクリャービン《神聖な詩》の魅力 Part2

神秘的な和音と妖艶な音響が魅力的なスクリャービンの交響曲第3番《神聖な詩》。Part2では、大野自らがピアノを弾き、その神秘的な和音の魅力について語ります。

6月30日 公演詳細へ

6/7公開

大野和士が語る 細川俊夫:弦楽四重奏とオーケストラのためのフルス(河)

2017年6月30日の定期演奏会で日本初演を迎える細川俊夫の《フルス(河)》は、人間と自然の対峙しつつ共鳴し合う姿を思わせる清冽な響きにあふれています。 大野和士は、細川俊夫について「自然界の中で行き交う、私たちには聞きとれないような密かな会話を書きとって提示してくれるようです」と語っています。 現代音楽のスペシャリストであり、この曲を捧げられたアルディッティ弦楽四重奏団を迎える演奏会にご期待ください。

6月30日 公演詳細へ

4/5公開

TMSO Special Concert in Osaka ― プロモーション映像

2017年4月23日、2年振りに都響が大阪へ来演。アラン・ギルバートとのコンビでベートーヴェンの交響曲第3番《英雄》をメインに、3つの名曲を演奏します。

4月23日 公演詳細へ

動画コンテンツ

YouTube 都響チャンネル