←

→

大野和士 ONO Kazushi (Music Director)

©Herbie Yamaguchi

1987年トスカニーニ国際指揮者コンクール優勝。これまでに、ザグレブ・フィル音楽監督、都響指揮者、東京フィル常任指揮者(現・桂冠指揮者)、バーデン州立歌劇場音楽総監督、ベルギー王立歌劇場(モネ劇場)音楽監督、アルトゥーロ・トスカニーニ・フィル首席客演指揮者、フランス国立リヨン歌劇場首席指揮者を歴任。現在、都響およびバルセロナ響の音楽監督を務めている。2018年9月に新国立劇場オペラ芸術監督へ就任予定。フランス批評家大賞、朝日賞など受賞多数。文化功労者。
2017年5月、大野和士が9年間率いたリヨン歌劇場は、インターナショナル・オペラ・アワードで「最優秀オペラハウス2017」を獲得。自身は2017年6月、フランス政府より芸術文化勲章「オフィシエ」を受章、またリヨン市からリヨン市特別メダルを授与された。

吉野直子 YOSHINO Naoko (Harp)

©Akira Muto

ロンドン生まれ。6歳よりロサンゼルスでスーザン・マクドナルド女史のもとでハープを学び始める。第1回ローマ国際ハープ・コンクール第2位入賞。第9回イスラエル国際ハープ・コンクールに参加者中最年少で優勝。以後、ベルリン・フィル、イスラエル・フィル、フィルハーモニア管、フィラデルフィア管、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス等トップ・オーケストラおよび小澤、アーノンクール、ブーレーズ、アバド他世界的指揮者との共演、G. クレーメル、V. ハーゲン、C. ハーゲン、W. シュルツ、E. パユ、J. ズーン等一流アーティストとの室内楽、ザルツブルク、ルツェルン他主要音楽祭への参加など華やかに活躍。レコーディング活動も活発で多数録音、最新盤は「ハープ・リサイタル3 ~バッハ・モーツァルト・シューベルト・ブラームス他」(grazioso)。
1985年アリオン賞、87年村松賞、88年芸術祭賞、1989年モービル音楽賞奨励賞、1991年文化庁芸術選奨文部大臣新人賞、エイボン女性芸術賞をそれぞれ受賞。国際基督教大学卒業。
http://www.naokoyoshino.com/

近藤良平 KONDO Ryohei

コンドルズ主宰・振付家・ダンサー。第4回朝日舞台芸術賞寺山修司賞受賞。第67回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。TBS系列『情熱大陸』、NHK総合『地球イチバン』等出演。NHK教育『からだであそぼ』内「こんどうさんちのたいそう」、NHK総合『サラリーマンNEO』内「テレビサラリーマン体操」、野田秀樹作・演出NODA・MAP『パイパー』に振付出演。野田秀樹演出、NODA・MAPの四人芝居『THE BEE』で鮮烈役者デビュー。前田哲監督映画『ブタがいた教室』などに役者として出演。NHK連続テレビ小説『てっぱん』オープニング振付、三池崇史監督映画『ヤッターマン』、宮﨑あおい主演『星の王子さま』などの振付も担当。女子美術大学、立教大学などで非常勤講師としてダンスの指導もしている。ペルー、チリ、アルゼンチン育ち。愛犬家。

コンドルズ CONDORS

コンドルズとは主宰の近藤良平を中心に、男性のみ学ラン姿でダンス、生演奏、人形劇、映像、コントを展開するダンスカンパニー。2016年NHKホール公演を敢行、追加公演も。世界30ヶ国以上で公演。ニューヨークタイムズ誌絶賛。近藤は第4回朝日舞台芸術賞寺山修司賞、第67回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。NHK『からだであそぼ』内「こんどうさんちのたいそう」、同『サラリーマンNEO』内「テレビサラリーマン体操」、同連続テレビ小説『てっぱん』などに振付出演。現在NHKエデュケーショナルと共に0歳児からの子ども向け観客参加型公演「コンドルズの遊育計画」や埼玉県と共に「近藤良平と障害者によるダンス公演」ハンドルズ公演など、多様なアプローチでコンテンポラリーダンスの社会貢献に取り組んでいる。

光岡暁恵 MITSUOKA Akie (Soprano)

昭和音楽大学卒業、同大学大学院修了。平成16年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員。07年からチューリッヒ歌劇場のオペラ研修生として2年間研鑽を積む。第39回日伊声楽コンコルソ第3位。第5回静岡オペラ国際コンクール優勝、オーディエンス賞、三浦環特別賞の三冠を獲得。
11年藤原歌劇団「ルチア」タイトルロールに抜擢され見事な歌唱で新聞や雑誌など各方面より大絶賛される。以後、藤原歌劇団を中心に国内外多数のオペラで活躍。中でも「ルチア」の狂乱の場やロッシーニの数々のオペラで高度なテクニックを要する曲を得意としている。その他、新国立劇場/高校生のためのオペラ鑑賞教室、第4回静岡県民オペラのほか、チューリッヒ歌劇場、クロアチア・ザグレブ国立歌劇場、イタリア・ヴィチェンツァオリンピコ劇場でオペラやコンサートに出演するなど国際的に活躍している。2019年1月藤原歌劇団「ラ・トラヴィアータ(椿姫)」ヴィオレッタ役に出演予定。
第39回川崎市アゼリア輝賞受賞。昭和音楽大学非常勤講師。
藤原歌劇団団員。埼玉県出身。

藤木大地 FUJIKI Daichi (Countertenor)

2012年日本音楽コンクール声楽部門第1位。2013年ボローニャ歌劇場にてグルック「クレーリアの勝利」マンニオ役に抜擢されてデビュー。続けて同劇場でバッティステッリ「イタリア式離婚狂想曲」カルメロ役で出演し国際的に高い評価を得る。2017年4月にはライマン「メデア」ヘロルド役でウィーン国立歌劇場にデビューを飾ると同時にデビューCDがリリース。バロックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーで活動を展開する、現在、日本で最も注目される国際的なアーティストのひとりである。ウィーン国立音楽大学大学院(文化経営学)修了。
https://www.daichifujiki.com/

小林大祐 Kobayashi Daisuke (Baritone)

東京芸術大学首席卒業。同大学院修了。オペラでは『フィガロの結婚』『ドン・パスクアーレ』『リゴレット』『シモン・ボッカネグラ』『ファルスタッフ』『ジャンニ・スキッキ』等のタイトルロールを演じるほか数々の作品に出演。コンサートではモーツァルト、ヴェルディ、フォーレ、ドヴォルザーク等の「レクイエム」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」のソリストをつとめる。第14回コンセール・マロニエ21声楽部門第1位。第9回藤沢オペラコンクール第1位。明治安田クオリティオブライフ文化財団の奨学生として2年間ミラノに留学。留学中にMilano、Portovenere、Catania(Sicilia)等で多数コンサートや、オペラ「椿姫」「蝶々夫人」「カヴァレリア・ルスティカーナ」等に出演。日本声楽アカデミー会員。二期会会員。

新国立劇場合唱団 New National Theatre Chorus (Chorus)

新国立劇場は、オペラ、バレエ、ダンス、演劇という現代舞台芸術のためのわが国唯一の国立劇場として、1997年10月に開場した。新国立劇場合唱団も年間を通じて行われる数多くのオペラ公演の核を担う合唱団として活動を開始。個々のメンバーは高水準の歌唱力と演技力を有しており、合唱団としての優れたアンサンブル能力と豊かな声量は、国内外の共演者およびメディアからも高い評価を得ている。

東京少年少女合唱隊 The Little Singers of Tokyo (Children’s Chorus)

ヨーロッパの伝統音楽に基づく音楽教育を目的とする日本初の本格派合唱団として1951年設立。グレゴリオ聖歌から現代作品までレパートリーは幅広く、松平頼暁、一柳慧、細川俊夫等への委嘱作品も数多い。6歳から14歳までの基礎クラスから15歳から19歳までの演奏グループの他、隊出身で構成する成人グループまで幅広い年齢層で活動をしている。年2回の定期公演の他、1964年の訪米以来海外公演は33回を数える。国内外のオーケストラ、オペラ劇場との共演も多く、C.アバド指揮ベルリン・フィルをはじめ近年ではF.ルイージ指揮N響、R.ムーティ指揮東京・春・音楽祭で共演し高い評価を得た。2016年創立65年を迎え、周年プロジェクトの一環でマカオ公演とイタリア公演を実施。サン・ピエトロ大聖堂にてフランシスコ・ローマ教皇による新年ミサで  全世界の聖歌隊と共に平和祈願を捧げた。

木佐彩子 KISA Ayako

1971年生まれ。東京都出身。
アメリカ・LAにて小学生・中学生時代(小学校2年~中学校2年まで)を過ごす。

青山学院大学卒業。
1994年、フジTVに入社、「プロ野球ニュース」「FNNスーパーニュース」「めざましテレビ」等、多数の番組を担当。

2000年、当時ヤクルトスワローズ所属 石井 一久氏と結婚。
翌年末、男子を出産。現在、高校生。出産を期にフジテレビを退社。
2002年~2006年まで、夫のメジャーリーグ移籍に伴い再び渡米。
2006年に帰国し本格的にフリーアナウンサーとして復帰、現在に至る。

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

SAT

 

 

 

1

2

3

4

プレミアムコンサート町田公演

15:00開演/町田市民ホール

指揮/梅田俊明
司会/朝岡 聡

詳細へ >

都響メンバーによる木管五重奏&弦楽四重奏

11:00開演/東京文化会館小ホール

フルート/柳原佑介
クラリネット/糸井裕美子
オーボエ/南方総子
ファゴット/長 哲也
ホルン/西條貴人
ヴァイオリン/遠藤香奈子、大和加奈
ヴィオラ/林 康夫
チェロ/清水詩織

詳細へ >

5

6

7

8

9

10

11

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2018 東京都交響楽団

15:00開演/ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮/マルク・ミンコフスキ
児童合唱/TOKYO FM 少年合唱団

詳細へ >

第32回ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界

18:00開演/東京芸術劇場コンサートホール

指揮・お話/すぎやまこういち

詳細へ >

Quartet Explloce クァルテット・エクスプローチェ ~響炎する4本のチェロ~

18:00開演/ヤマハホール

チェロ/森山涼介、市 寛也、髙木慶太、辻本 玲

詳細へ >

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

Épice Quartet エピス・クァルテット 〜ベートーヴェン後期作品への挑戦Vol.5〜

19:00開演/JTアートホール アフィニス

ヴァイオリン/須山暢大、村津瑠紀
ヴィオラ/村田恵子
チェロ/伊藤文嗣

詳細へ >

プロムナードコンサート No.379

14:00開演/サントリーホール

指揮/ハンス・グラーフ
ピアノ/カティア・スカナヴィ

詳細へ >

26

27

28

29

30

31

 

DUO 2018 チェロとピアノ

19:00開演/かなっくホール 横浜市神奈川区民文化センター

チェロ/松岡陽平
ピアノ/松岡 優

詳細へ >

サントリーホール サマーフェスティバル2018 テーマ作曲家〈イェルク・ヴィトマン〉《管弦楽》

19:00開演/サントリーホール 大ホール

指揮・クラリネット/イェルク・ヴィトマン
ヴァイオリン/カロリン・ヴィトマン

詳細へ >

月刊都響

8・9月公演 曲目解説
月刊都響(PDF)

コンサート&チケット

都響ガイド 営業案内

[電話番号]0570-056-057

[営業時間]

月-金:10時~18時

土・日・祝:休み

※都響WEBチケットは365日お申込み
 いただけます

◇東京文化会館保守休館のため
 お電話のみの営業
 8月17日(金)~24日(金)
 8月27日(月)~ 通常営業