←

→

下野竜也 SHIMONO Tatsuya (Conductor)

1969年鹿児島生まれ。鹿児島大学教育学部音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部附属指揮教室で学ぶ。1996年イタリア・シエナのキジアーナ音楽院でオーケストラ指揮のディプロマを取得。1997年大阪フィル初代指揮研究員。1999年文化庁派遣芸術家在外研修員に選ばれ、ウィーン国立演劇音楽大学に留学。2000年東京国際音楽コンクール<指揮>優勝と齋藤秀雄賞受賞、2001年ブザンソン国際指揮者コンクールの優勝で一躍脚光を浴びる。
国内の主要オーケストラに定期的に招かれる一方、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管、チェコ・フィル、シュツットガルト放送響、シリコンバレー響をはじめとした国際舞台での活躍が目覚ましい。
2006年に読売日本交響楽団初代正指揮者、2013年4月から2017年3月まで同団の首席客演指揮者。その間、2011年には広島ウインドオーケストラ音楽監督、2014年には京都市交響楽団常任客演指揮者に就任。更に2017年4月からは同団常任首席客演指揮者、広島交響楽団音楽総監督に就任。
京都市立芸術大学音楽学部指揮専攻教授。

ヒラ・プリットマン Hila PLITMANN (Soprano)

国際的な音楽界で輝やく宝石のような存在であり、グラミー賞受賞者であるヒラ・プリットマンは、驚異的な音楽の才能、軽やかで美しい声、チャレンジングな新作を歌う能力で世界に知られている。今日の主要作曲家の新作の初演を定期的に手掛け、その一方で、映画音楽、ミュージカル、ソング・ライターとして活気ある幅広いプロとしての生活を送っている。「素晴らしく優雅な歌声と動き」「信じがたいほど美しい声の楽器を持つ」歌い手として賞される。多数の初演を手掛け、新作、現代音楽の歌手として引っ張りだこである。今日の主要な指揮者とも共演。ニューヨーク・フィル、ロサンゼルス・フィル、ロンドン響、アトランタ響、ミネソタ管、ナショナル響、イスラエル・フィル、オルフェウス室内管、ナッシュヴィル響等、米国や海外の多数のオーケストラやアンサンブルとの花形スターとして共演している。アジャイル・ソプラノ、ヒラ・プリットマンは、高い音域でも輝かしい響きをもたらした」―ニューヨーク・タイムズ

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

SAT

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

第852回 定期演奏会Aシリーズ

19:00開演/東京文化会館

指揮/大野和士
メゾソプラノ/リリ・パーシキヴィ
児童合唱/東京少年少女合唱隊
女声合唱/新国立劇場合唱団

詳細へ >

第853回 定期演奏会Bシリーズ

19:00開演/サントリーホール

指揮/大野和士
メゾソプラノ/リリ・パーシキヴィ
児童合唱/東京少年少女合唱隊
女声合唱/新国立劇場合唱団

詳細へ >

15

16

17

18

19

20

21

東京春祭 合唱の芸術シリーズ vol.5 ロッシーニ 《スターバト・マーテル》(没後150年記念) ~聖母マリアの七つの悲しみ

15:00開演/東京文化会館 大ホール

指揮/スペランツァ・スカップッチ
ソプラノ/エヴァ・メイ
メゾソプラノ/マリアンナ・ピッツォラート
テノール/マルコ・チャポーニ
バス/イルダール・アブドラザコフ
管弦楽/東京都交響楽団
合唱/東京オペラシンガーズ
合唱指揮/マティアス・ブラウアー、宮松重紀

詳細へ >

第854回 定期演奏会Cシリーズ (平日昼)

14:00開演/東京芸術劇場コンサートホール

指揮/大野和士

詳細へ >

22

23

24

25

26

27

28

都響・八王子シリーズ

14:00開演/オリンパスホール八王子

指揮/大友直人
ピアノ/牛田智大

詳細へ >

Ambition String Quartet Vol.2

14:00開演/JTアートホール アフィニス

ヴァイオリン/吉岡麻貴子、大和加奈
ヴィオラ/村田恵子
チェロ/江口心一

詳細へ >

29

30

 

 

 

 

 

月刊都響

4月公演 曲目解説
月刊都響(PDF)

コンサート&チケット

都響ガイド 営業案内

[電話番号]0570-056-057

[営業時間]

月-金:10時~18時

土・日・祝:休み

※都響WEBチケットは365日お申込み
 いただけます

◇主催公演開催のため
 営業時間が変更になります
 4月09日(月) 17:30営業終了
 4月10日(火) 16:00営業終了
 4月19日(木) 休業

◇東京文化会館休館のため
 お電話のみの営業になります
 4月16日(月)、4月17日(火)