←

→

ハンヌ・リントゥ Hannu Lintu (Conductor)

©Kaapo Kamu

フィンランド放送響首席指揮者。2013年まで、タンペレ・フィル芸術監督兼首席指揮者、RTÉ国立響(ダブリン)首席客演指揮者を務めた。これまでにヘルシンボリ響およびトゥルク・フィルで芸術監督職を担っている。フィンランド国立オペラに定期的に登場、《パルジファル》《カルメン》などを指揮。シベリウス・アカデミーでヨルマ・パヌラに師事、キジアーナ音楽院(イタリア)でチョン・ミョンフンのマスタークラスに参加。1994年ノルディック指揮者コンクール(ベルゲン)で優勝した。

ニーナ・ケイテル Niina KEITEL (Mezzo-Soprano)

©Markku Pihlaja

ニーナ・ケイテルは今日最も成功したフィンランド人のメゾソプラノである。ヘルシンキのシベリウス・アカデミー卒業後ダルムシュタット州立歌劇場でキャリアをスタート。ダルムシュタットで「ヘンゼルとグレーテル」ヘンゼル役、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」マグダレーネ役等、幅広いレパートリーを歌う。2010年より1シーズン、マンハイム国立歌劇場、2011年、自国フィンランドのフィンランド国立歌劇場に所属。マンハイムでは「エフゲニー・オネーギン」オルガ役、「カヴァレリア・ルスティカーナ」ローラ役、ヘルシンキでは「ばらの騎士」のオクタヴィアン役、「カルメン」カルメン役、「青ひげ公の城」のユディット役、「ボリス・ゴゥドノフ」マリーナ役で話題となる。2014年以降はフリーランサーとなり、またオペラ、演奏会、リートの引く手あまたの歌手となった。

客演ではパリ国立オペラ、フランクフルト歌劇場、サヴォリンナ・オペラ・フェスティバル、デグ国際オペラ・フェスティバル、ルツェルン歌劇場、ハイデルベルク、ミュンヘン・ビエンナーレに登場。

多才なコンサート歌手として、フィンランド、スウェーデン、ドイツ、フランスのオーケストラ多数、またケント・ナガノ、ダン・エッティンガー、レイフ・セーゲルスタム、ミッコ・フランク等多くの著名な指揮者とも共演。近年のアルトソロとしての演奏会のハイライトは、コルマール国際音楽祭でのマーラー「大地の歌」、イェーテボリでのケント・ナガノ指揮、ベートーヴェン「第九」等。またオーケストラやオペラの作品の世界初演も手掛けている。2015年の日本ツアー等、ソロ・リサイタルも世界中で行っている。

オペラ、コンサート歌手での活動に加え、フィンランド・レミン音楽祭では音楽監督を務めている。

トゥオマス・プルシオ Tuomas PURSIO (bass-baritone)

©Eino Pursio

フィンランドのバス-バリトン、トゥオマス・プルシオは出身地ヘルシンキのシベリウス・アカデミーで声楽を学び、トム・クラウゼ、ラズロ・ポルガーのマスタークラスを受講。現在エリザベス・ヴェレス教授に師事。チューリッヒの国際オペラスタジオに所属、当劇場の複数のプロダクションの公演に出演。

1996年、デュッセルドルフのライン・ドイツ・オペラのメンバーとして国際的なキャリアをスタート。2000年から2002年、エアフルト劇場のメンバーを務めた後、ライプツィヒ・オペラに所属し、ホフマン物語/Four Villains(4人の悪党?)、フィリップ・エルサンの「The black monk」の初演/Andrej Kovrine、ルイザ・ミラー/ヴィルム、マルタ/プラムケット、カルメン/エスカミリオ、ドンジョヴァンニ/レポレロ、フィガロの結婚/フィガロ、ナクソス島のアリアドネ/音楽教師、利口な女狐の物語/森番、ファウスト/メフィスト、トスカ/スカルピア、パルジファル/アムフォルタス等数多くの役を歌う。

プルシオはベルリン・ドイツ国立オペラ、シュトゥットガルト・バーデン・ヴルテンブルク国立オペラ、ベルリン・フィルハーモニー、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、グラインドボーン・フェスティバル、フィンランド国立オペラ、ハノーファー、ハイデルベルク、ブレーメン、アオクスブルク、ビーレフェルト、チューリッヒ、ローザンヌ、ニース、アントワープ、東京、ベルン等で客演。2003年以来、サヴォリンナ・オペラフェスティバルに定期的に出演。

リッカルド・シャイー、アダム・フィッシャー、ジョン・フィオレ、フィリップ・ジョルダン、アクセル・コーバー、フランツ・ウェルザー=メスト、ネッロ・サンティ、ウルフ・シルマー、ハンス・ヴァラット、オスモ・ヴァンスカ、レイフ・セーゲルスタム、ユッカ=ペッカ・サラステ、マレク・ヤノフスキ、アントニー・ブラマル、ラルフ・ヴァイケルト、フランク・ベールマン、アクセル・コーバー、セルジュ・ボド、マルチェッロ・ヴィオッティ等の指揮でオペラやコンサートに出演。

マリオ・ヴェンツァーゴ指揮、ヴェルクシュタット・シュヴァイツ・フィルハーモニーとシューマンのマンフィレッドを録音。リッカルド・シャイー指揮、ヴェルディ「仮面舞踏会」のDVD、マレク・ヤノフスキ指揮、ワーグナー「マイスタジンガー」のCDがある。

フィンランド・ポリテク合唱団 Polytech Choir (Male Chorus)

フィンランド・ポリテク合唱団は、1900年に設立されたフィンランドの男声合唱団で、メンバーは主にヘルシンキ工科大学の学生および卒業生で構成されている。レパートリーは、ロマン派から近現代まで多岐にわたる。定期的にフィンランドの主要オーケストラとともに、毎年10~15回の海外ツアーを行っている。2013年以来、芸術監督と合唱指揮は、Saara Aittakumpu(Master of Music)が務めている。

SUN

MON

TUE

WED

THU

FRI

SAT

 

 

 

1

2

3

4

プロムナードコンサートNo.375 (サントリーホール)

14:00開演/サントリーホール

指揮/ハンヌ・リントゥ
ヴァイオリン/ヴェロニカ・エーベルレ

詳細へ >

5

6

7

8

9

10

11

第842回 定期演奏会Aシリーズ

19:00開演/東京文化会館

指揮/ハンヌ・リントゥ
メゾソプラノ/ニーナ・ケイテル
バリトン/トゥオマス・プルシオ
男声合唱/フィンランド ・ポリテク男声合唱団

詳細へ >

12

13

14

15

16

17

18

メトロポリス・クラシックス オーケストラが紡ぐ夢と情熱の響き

14:00開演/東京芸術劇場コンサートホール

指揮/渡邊一正
司会/朝岡 聡

詳細へ >

プレミアムコンサート東大和公演

15:00開演/東大和市民会館ハミングホール 大ホール

指揮/梅田俊明
司会/朝岡 聡

詳細へ >

19

20

21

22

23

24

25

【都響×アプリコ】井上道義&村治佳織 with 都響

15:00開演/大田区民ホール・アプリコ

指揮/井上道義
ギター/村治佳織

詳細へ >

26

27

28

29

30

 

 

The Horn Quartet Concert 2017

19:15開演/東京文化会館 小ホール

ホルン/安土真弓、五十畑 勉岸上 穣、日高 剛

詳細へ >

第843回 定期演奏会Cシリーズ

14:00開演/東京芸術劇場コンサートホール

指揮/小泉和裕
ヴァイオリン/堀米ゆず子

詳細へ >

月刊都響

10・11月公演 曲目解説
月刊都響(PDF)

コンサート&チケット

都響ガイド 営業案内

[電話番号]0570-056-057

[営業時間]

月-金:10時~18時

土・日・祝:休み

※都響WEBチケットは365日お申込み
 いただけます

◇主催公演開催のため
 休業いたします
 11月30日(木)

発売日のため
 お電話のみの営業になります
 11月17日(金)
 11月24日(金)