都響スペシャル「第九」

ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 op.125《合唱付》

 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770 ~ 1827)が完成した最後の交響曲であり、交響曲に声楽を取り入れて成功した最初の記念碑的名作である。ちなみに作曲者は、「シラー作の頌歌『歓喜に寄す』を最後の合唱に用いた大管弦楽と4声の独唱・合唱のための交響曲」とスコアへ記している。また交響曲とカンタータを融合させたような形式が、後代の声楽を伴うロマン的で巨大な交響曲のルーツとなり、あたかも古典派とロマン派の分水嶺的な存在となった点に、大きな歴史的意義を持つ。

 さて、この交響曲が完成されたのは1824年だが、既にその四半世紀ほど前から、ベートーヴェンはフリードリヒ・フォン・シラー(1759 ~ 1805)の「歓喜に寄す」という詩に作曲する計画を温めていた。実際に、あの有名な「歓喜のメロディ」の原型は、1794 ~ 95年に書かれた歌曲《愛されぬ者の嘆息》 WoO118に早くも見られるし、《合唱幻想曲》op.80にも明瞭に認められる。

 また第1楽章の素材は、交響曲第2番ニ長調op.36の序奏や序曲《献堂式》op.124にも聴かれる。ともあれ、それが次第に形になってきたのは1817年頃と推定されるが、1818年から22年までは《荘厳ミサ曲》op.123などの作曲に集中したため、しばらくこの交響曲の作曲は中断されてしまった。ようやく本格的な作曲が始まったのは1822年で、折しもロンドンのフィルハーモニー協会から新作交響曲の委嘱があり、これによりベートーヴェンはついに、かねてより構想を温めていた実験的な作品を完成することにしたのである。

 ちなみにベートーヴェンが作曲したのは、シラーの詩のすべてではなく第4節までで、それ以外は自作の詩(終楽章で最初にバリトンが独唱する部分)によるものである。興味深いことに当初ベートーヴェンは、現在と違って、終楽章も器楽のみで終わらせたいと考えていたらしく、声楽は次の《ドイツ交響曲》で導入する予定であったらしい。しかしそのプランは断念され、器楽用の終楽章は弦楽四重奏曲第15番イ短調op.132に転用された。

 なお大成功に終わった初演に際しては、耳が聞こえぬにもかかわらず指揮をしていたベートーヴェンが、演奏が終わっても観客の大歓声に気づかなかったため、見かねたアルト歌手のカロリーネ・ウンガー(1803 ~ 77)が客席の方にベートーヴェンを向け、その成功を知らせたという感動的な逸話が残っている。

 第1楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ、ウン・ポコ・マエストーソ ニ短調 4分の2拍子 ソナタ形式 神秘的な空虚5度が響く中、第1主題の断片が示され、徐々にその巨大な全貌が明らかにされていく独創的な開始で、後年のブルックナーに顕著な影響を与えている。第2主題は木管楽器の上行する跳躍音型に、弦楽器が慎ましくからみ合うもの。また上へ下へと駆け巡る音階も耳につく。再現部冒頭は、これまでの交響曲が経験したことのない凄絶で劇的な響きに満ちている。

 第2楽章 モルト・ヴィヴァーチェ~プレスト ニ短調 4分の3拍子 3部形式 運動性の強い圧倒的なスケルツォであり、主部は総奏の後のフーガによって進行しながらも、第1主題と第2主題を持つソナタ形式でもあるという、極めて緻密で技巧的な構成となっている。そして交響曲第8番ヘ長調op.93と同じように、ティンパニは8度に調律され、華々しい活躍をする。トリオは牧歌的であるが、終楽章の「歓喜のメロディ」に似た音階的な音型が現れる。トロンボーンはこの楽章と終楽章に使用されている。また交響曲の第2楽章にスケルツォが配された稀な例でもある。

 第3楽章 アダージョ・モルト・エ・カンタービレ 変ロ長調 4分の4拍子 冒頭の主題とニ長調の第2主題による変奏曲で、もはや形容すべき言葉のないほど天国的な美しさを持つ。円熟した管弦楽法と精妙な変奏により、崇高なまでに浄化された世界へと我々を誘う。おそらくベートーヴェンが書いた最も美しい音楽の一つなのではあるまいか。しかしこの平安は、何かを警告するかのような2度にわたる金管楽器のファンファーレによって打ち砕かれる。

 第4楽章 プレスト~アレグロ・アッサイ 全曲の頂点を成す楽章で、一種のカンタータであり明白な形式は持たないが、おおよそ8つの部分によって接続曲的に構成されている。まず強烈な不協和音によるファンファーレが劇的に奏され、低弦のレチタティーヴォが第1楽章から第3楽章までの主題を次々に否定していく。ついにグレゴリオ聖歌(聖木曜日のアンティフォーナ)に基づく歓喜のメロディの断片が奏された後、低弦によって、弱い音でシンプルに歓喜のメロディが奏される。それは次第に力を増し、ついには壮麗極まる総奏となる。すると再び、混沌たる不協和音が叩きつけられ、初めてバリトン独唱が声をあげる(前述のように、この部分の詩はベートーヴェン自身の創作である)。続いて合唱やソプラノ、アルト、テノールの独唱も参加するが、それ以後は変奏曲風に進められ、トルコ風マーチの男声合唱、荘厳なコラールと作曲技術の冴えを示す二重フーガ、ソロの四重唱を経て、白熱的な終結を迎える。

(石原立教)

作曲年代 1818~24年
初  演 1824年5月7日 ウィーン ケルントナートーア劇場
楽器編成 ピッコロ、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、コントラファゴット、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ、大太鼓、シンバル、トライアングル、弦楽5部、独唱(ソプラノ、メゾソプラノ、テノール、バリトン)、混声4部合唱

文章・写真等の無断転載を禁じます。