第850回 定期演奏会Bシリーズ

ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番 ヘ長調 op.102

 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906 ~ 75)は、ピアノ、ヴァイオリン、チェロのために、それぞれ2曲の協奏曲を作曲した。このうち、ヴァイオリン協奏曲とチェロ協奏曲が、どれも交響曲と並ぶ規模と内容を持つ力作であるのに対し、2曲のピアノ協奏曲が、ユーモラスで比較的軽い小品であるのは興味深い。  ピアノ協奏曲第2番は、1957年初頭に、作曲者の息子で、当時まだ学生だったマクシム・ショスタコーヴィチ(1938 ~)のために作曲され、彼に献呈された。初演は、マクシムの19歳の誕生日でもあった同年5月10日に、マクシムのピアノ、ニコライ・アノーソフ(1900 ~ 62)の指揮によって行われた。ただ、その後この曲をしばしば演奏したのは、やがてピアニストでなく指揮者となったマクシムではなく作曲者本人で、彼は各地の演奏会にこの曲の独奏者として出演しているだけでなく、2度の録音も残している。

 曲は、オーソドックスな3楽章から成り、オーケストラは、金管がホルンしか使われていないなど、古典派の作品を思わせる小編成となっている。明快でユーモアに満ちた曲想は、息子のために書いた作品だからということもあるだろうが、弦楽四重奏曲第6番(1956)など、この時期のいくつかの作品に共通する特徴でもある。

 第1楽章 アレグロ ソナタ形式。木管による短い序奏のあとに出てくる第1主題(ピアノ)は、オクターヴで弾かれるシンプルな旋律と、ショスタコーヴィチらしい駆け足のようなリズムの2つの部分から成っている。同じくピアノのオクターヴで提示される第2主題は、メランコリックな性格をもつ。展開部は、第1主題の2つの部分をいろいろ変形しながら進み、第2主題が壮大に鳴るクライマックスに至る。カデンツァは再現部の前に置かれている。

 第2楽章 アンダンテ 複合2部形式で、図式化するとA-B-A-B-A(コーダ)。ショパンやラフマニノフの協奏曲を思わせる美しい緩徐楽章。ハ短調の主題(A)と、ハ長調でノクターン風の主題(B)が交互に歌われていく。

 第3楽章 アレグロ ソナタ形式。第2楽章終わりの3連符音型の繰り返しが、そのまま第3楽章冒頭につながっていく。《祝典序曲》を思わせる快活な第1主題に続き、ロシアの民族舞曲を取り入れた8分の7拍子の第2主題が現れる。展開部とコーダでは、日本でもよく知られているハノンの練習曲の引用が出てくる。

(増田良介)

作曲年代 1957年2月5日完成
初  演 1957年5月10日、マクシム・ショスタコーヴィチ独奏
ニコライ・アノーソフ指揮 ソヴィエト国立交響楽団
楽器編成 ピッコロ、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、ティンパニ、小太鼓、弦楽5部、独奏ピアノ

ベルリオーズ:幻想交響曲 op.14

 1827年9月、イギリスのシェイクスピア劇団がパリのオデオン座に来演し、いくつかの劇を上演した。若き日のエクトール・ベルリオーズ(1803 ~ 69)はそこで『ハムレット』を観て、その豊かな想像力と劇的な力の虜となると同時に、オフィーリア役を務めたアイルランド出身の女優ハリエット・スミスソン(1800 ~ 54)にすっかり心を奪われた。彼はスミスソンに手紙を出したり、面会を取りつけようと画策したりもしたものの、この恋は一方的な失恋に終わる。その失意の記憶をもとに生まれたのが《幻想交響曲》である。

 《幻想交響曲》は、全楽章を通じて登場する「固定楽想(イデー・フィクス)」と呼ばれる旋律が全5楽章を結びつけることで、ベートーヴェン並みに拡大された交響曲形式に強い一貫性を与えられている。同時に、作曲家自身がプログラムを公表して、固定楽想を恋する女性になぞらえ、楽曲全体を、その恋と夢想の成り行きを語るストーリーに沿って進行する標題音楽としている。絶対音楽的な美学と標題性の融合というこの手法によって、ベルリオーズは音楽史上に大きな足跡を遺すことになった。

 第1楽章「夢、情熱」 ベルリオーズ自身の手になるプログラムには、「ある若い音楽家が情熱にかられ、あらゆる魅力を備えた1人の女性に恋をした。情熱から来る錯乱はアヘンの力を借りて彼を支配する」とある(以下「 」内は作曲者のプログラムによる)。

 おおよそソナタ形式をとる。長大な序奏に続いて登場する主題(フルートと第1ヴァイオリン)が恋人をあらわす固定楽想である。第2主題として木管楽器に短い旋律があらわれるが、ここでは固定楽想の存在感が強く、ほとんど単一主題構成に近い。展開部では劇的なエピソードと優美なエピソードが交互にあらわれ、固定楽想に基づく輝かしいクライマックスと共に短い再現部を迎え、静と動を厳しく対置したコーダによって終結する。

 第2楽章「舞踏会」 「皆がワルツを踊る喧騒の中、想い人があらわれる」 優美なワルツ。中間部ではそのリズムに乗って固定楽想が登場する。  第3楽章「野の風景」 「ある田舎の夕べ、2人の牧人が歌い交わしている。主人公の心に束の間の安らぎと希望が訪れるものの、やがて不安にかられる。再び牧人の歌が聞こえるが、もはや応える者はいない。遠くに雷鳴が聞こえる。孤独と沈黙」

 第3楽章「野の風景」 「ある田舎の夕べ、2人の牧人が歌い交わしている。主人公の心に束の間の安らぎと希望が訪れるものの、やがて不安にかられる。再び牧人の歌が聞こえるが、もはや応える者はいない。遠くに雷鳴が聞こえる。孤独と沈黙」

 イングリッシュホルンと“舞台裏で” と指定されたオーボエが、牧人たちの歌い交わすさまを描く序奏の後、第1ヴァイオリンとフルートによって抒情的な主題が歌われる。中間部では激しい弦の動きが固定楽想を導き出す。主部が回帰しても固定楽想は姿を消さない。最後に冒頭の情景へと立ち帰るものの、もはやイングリッシュホルンの呼びかけに応える者はいない。4台のティンパニが遠くの雷鳴を模倣し、不安をかき立てつつ消えるように終わる。

 第4楽章「断頭台への行進」 「主人公は幻影を見る。想い人を殺してしまった自分が処刑される幻影である。ときに暗く荒々しく、ときに華やかで壮麗な行進曲に乗って、彼は断頭台へと連れて行かれる」

 自身の未完の歌劇『宗教裁判官』のために書かれた行進曲に基づく。トランペットやコルネットによる輝かしい行進曲の旋律に対し、グロテスクなトロンボーンのペダル・トーンを配置するなど、管弦楽の特異な色彩が絶妙な効果を挙げる楽章である。コーダではクラリネットによって固定楽想が回想された後、ギロチンの一撃と、それに続く群衆の歓声を模倣して曲が閉じられる。

 第5楽章「魔女の夜会の夢~魔女のロンド」 「死んだ主人公は、自分の葬礼に集まった魔女や物の怪たちの宴を見る。奇怪なざわめきに交じって想い人もあらわれるが、その姿はもはや醜く変容してしまっている。彼女を迎える声が上がる。やがて弔鐘とグレゴリオ聖歌《怒りの日》が鳴りわたり、魔女たちの宴の踊りに入り交じる」

 ゲーテの戯曲『ファウスト』に想を得たフィナーレでは、魔女たちのざわめきを模倣する序奏の後、クラリネットが大きく変容した固定楽想を諧謔味を込めて歌い出す。以後、力強いロンド主題と、テューバなど低音楽器に登場するグレゴリオ聖歌《怒りの日》(死者のためのミサにおいて用いられる典礼歌の一部)とが絡み合いながら、狂騒的なクライマックスが描き出される。

(相場ひろ)

作曲年代 1830年1~4月(1831、51年改訂)
初  演 1830年12月5日 パリ フランソワ=アントワーヌ・アブネック指揮
楽器編成 フルート2(第2はピッコロ持替)、オーボエ2、イングリッシュホルン、クラリネット2(第2は小クラリネット持替)、ファゴット4、ホルン4、トランペット2、コルネット2、トロンボーン3、テューバ2、ティンパニ、大太鼓、シンバル、小太鼓、鐘、ハープ2、弦楽5部、舞台裏にオーボエ

文章・写真等の無断転載を禁じます。