第849回 定期演奏会Aシリーズ

ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 ハ長調 op.60《レニングラード》

独ソ戦のさなかに作曲

  ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906~75)が交響曲第7番に着手したのは、独ソ開戦(1941年6月22日)から約1ヵ月が経った1941年7月19日だった。そして9月3日には早くも第1楽章が書き上げられている。ところが9月8日、彼の住むレニングラード(現サンクトペテルブルク)はドイツ軍によって包囲され、食料や燃料の補給路が断たれてしまう。そんな中、彼はこの町にとどまって作曲を続けた。9月17日に第2楽章、9月29日に第3楽章が完成した。

 しかし、爆撃はさらに激化、党の避難命令もあり、10月1日、彼は妻子とともに空路でモスクワへ発ち、さらに10月15日、列車でモスクワを出る。2週間かけて彼らがたどりついたのは、ヴォルガ河畔の都市クイビシェフ(現在は革命前の名称サマーラに戻っている)だった。この曲が完成したのは、12月27日、疎開先であるこの町においてであった。なお、レニングラードの封鎖は、1944年1月までの約900日間続き、実に60万人以上の市民が飢えと寒さで倒れたという。この交響曲が作曲されたのはそのような時代だった。

  ショスタコーヴィチは、第5番と第6番に続き、エフゲニー・ムラヴィンスキー(1903~88)とレニングラード・フィルによる初演を望んでいたようだが、彼らの疎開先は遠いノヴォシビリスクだったので、第7番は、同じくクイビシェフに疎開していたサムイル・サモスード(1884~1964)指揮ボリショイ劇場管弦楽団によって初演された(1942年3月5日)。なお、サモスードはこの曲の終楽章に、ソ連の最高指導者ヨシフ・スターリン(1878~1953)を讃える独唱と合唱を加えてはどうかと提案したが、作曲者に拒否されたという。

  大成功に終わった初演に続いて、この曲は3月29日にモスクワで演奏され、4月11日には、早くもスターリン賞第1席を受賞した。他の連合国にも評判はすぐに伝わる。楽譜はマイクロフィルムに収められ、テヘラン経由で空輸されて諸国に送られた。アメリカではストコフスキー、クーセヴィツキー、トスカニーニ、ロジンスキーといった名指揮者たちが初演の権利を奪い合い、トスカニーニとNBC交響楽団がその権利を手にした。その後もこの曲は各地でさかんに演奏され、ショスタコーヴィチは一躍時の人になる。

  バルトークが《管弦楽のための協奏曲》の中で、この交響曲の「戦争の主題」の一部を引用して風刺したことはよく知られているが、これはそのような異常人気に対する皮肉だろう。しかし、大戦が終わり、冷戦が始まるとこの曲の人気も急速に衰え、どちらかといえば空虚な作品と見なされる時代が続く。再評価が始まったのはようやく1980年代後半からのことである。

ファシズムの非人間性の告発

  さて、この曲の表すものが何かということについては今も議論がある。現在は偽書とされているソロモン・ヴォルコフ(1944~)編の『ショスタコーヴィチの証言』には「この曲はヒトラーの攻撃に対する反応ではない」と書かれているが、この曲を戦争と無関係であるとまで言ってしまうのは無理がある。

  作曲者自身がこの曲のテーマについて私的に語った言葉はいくつか伝えられている。1941年8月のはじめごろ、ショスタコーヴィチは友人のイサーク・グリークマン(1911~2003)を家に呼び、作曲中の交響曲の第1楽章提示部と、ファシストの侵略を表すと言われる部分をピアノで弾き、「批評家たちはラヴェルのボレロを真似したと非難するだろうね。まあいいよ。私には戦争はこう聞こえるんだ」(Glikman, I. , Story of a Friendship: The Letters of Dmitry Shostakovich to Isaak Glikman 1941-1975, 2001, p.xxxiv)と語ったという。

  一方、当時ショスタコーヴィチ夫妻にとって娘同様の存在であったフローラ・リトヴィノヴァの伝えるショスタコーヴィチの言葉は、やや角度が違う。「もちろんファシズムはある。しかし音楽は、真の音楽と言うのは一つのテーマに文学的に結び付けられるということは決してできない。国家社会主義というのはファシズムの唯一の形ではない。これはあらゆる形態の恐怖、奴隷制、精神の束縛についての音楽なのだ」。さらに後になると、「第7は、そして第5も、単にファシズムについてだけでなく、われわれの体制、あるいはあらゆる形態の全体主義体制についての作品である」とまで語ったという(E. Wilson, Shostakovich - A Life Remembered, 1993, p.158f.)。つまり、この交響曲がファシズムの侵攻をきっかけとして作曲され、その克服をテーマとしていることは確かだが、それは目の前で進行している戦争を具体的に描いているというわけではなく、より広い意味でのファシズムの非人間性の告発となっている、ということなのだろう。

  第1楽章 アレグレット 自由なソナタ形式。「人間の主題」と呼ばれる、弦とファゴットによるハ長調の力強い主題で始まる。そのあと、いくらか素朴なト長調の第2主題(第1ヴァイオリン)が現れる。しかし、展開部に相当する部分には、これらとは別の、「戦争の主題」と呼ばれる主題に基づく長大な変奏曲が置かれている。この主題が小太鼓の連打とともに最初に登場する際には、セッコ(乾いた=短く)の指示のある第1ヴァイオリン(アルコ=通常の奏法)、コル・レーニョ(弓の毛ではなく背の木部で弦を叩く)の第2ヴァイオリン、ピチカートのヴィオラという珍しい組み合わせが用いられている。この主題は繰り返されるうちに次第に力を増していき、バンダも動員して破滅的なクライマックスに至る。

  静かになると、ファゴットが、第2主題に基づく長いソロを吹く。コーダで「人間の主題」が再び現れるが、今度は穏やかな表情になっている。弱音器付きトランペット・ソロによる「戦争の主題」が遠くで聞こえる中、ppで楽章が閉じられる。

  第2楽章 モデラート(ポコ・アレグレット) 3部形式。4分の4拍子だが、スケルツォ楽章に相当する。主部はガヴォット風のリズムで、穏やかでノスタルジックな性格を持っている。中間部は急速な8分の3拍子となり、小クラリネットが甲高く叫ぶ、主部とは対照的な雰囲気を持っており、次の交響曲第8番のスケルツォにも通じるグロテスクさが感じられる。主部再現の後半、主題を奏するバスクラリネット・ソロの背後でフルート2本とアルトフルートがトレモロ音型を延々と吹き続け、霧がたちこめるような効果を上げるのが印象的。

  第3楽章 アダージョ 図式化するとA-B-C-A-B-Aとなるが、Cを中間部とする3部形式と見ることもできる。Aは木管、金管、ハープによるコラールのあと、ヴァイオリンが、バッハの無伴奏ヴァイオリン曲を思わせる広々とした旋律を弾く。Bにはフルート独奏の歌う美しい旋律が現れる。Cではテンポが速くなり、ヴィオラとホルンのシンコペーションのリズムとともに進む激しい音楽となる。主部が復帰すると、そのまま切れ目なしに終楽章へと続く。

  第4楽章 アレグロ・ノン・トロッポ 全体は3つの部分から成る。もやのかかったような序奏の中から、リズミカルで決然とした第1主題が登場し、さまざまに展開される(第1部)。テンポが遅くなると、サラバンドのリズムをもつ第2主題が現れ、悲痛な雰囲気となる(第2部)。やがて第1主題が戻り、音楽は再び高揚していく(第3部)。最後には「人間の主題」が壮大に鳴りわたり、輝かしく全曲が閉じられる。

(増田良介)

作曲年代 1941年7月19日~12月27日
初  演 1942年3月5日 クイビシェフ(現サマーラ)
サムイル・サモスード指揮 ボリショイ劇場管弦楽団
楽器編成 フルート3(第2はアルトフルート、第3はピッコロ持替)、オーボエ2、イングリッシュホルン、クラリネット3(第3は小クラリネット持替)、バスクラリネット、ファゴット2、コントラファゴット、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、テューバ、ティンパニ、トライアングル、タンブリン、小太鼓、大太鼓、シンバル、タムタム、シロフォン、ハープ2、ピアノ、弦楽5部、バンダ(ホルン4、トランペット3、トロンボーン3)

文章・写真等の無断転載を禁じます。