第845回 定期演奏会Bシリーズ

マルティヌー:交響曲第1番 H.289

 20世紀のチェコを代表する作曲家のひとり、ボフスラフ・マルティヌー(1890~1959)は、モラヴィア(当時はオーストリア=ハンガリー帝国の一部)の小さな村ポリチュカに生まれた。6歳でヴァイオリンを始めた彼はすぐに才能を発揮する。しかし、16歳で入学したプラハ音楽院は怠慢を理由に退学となり、卒業することはできなかった。

 その後は小学校の教師やチェコ・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリン奏者として生活していたが、1923年、こどもの頃から続けていた作曲を本格的に勉強するため、奨学金を得てパリに移り、アルベール・ルーセル(1869~1937)に師事する。パリで作曲家として頭角を現し、次々と作品を発表していたマルティヌーだが、1940年6月、ナチス・ドイツの侵攻を逃れてパリを脱出、ポルトガルなどを経由し、1941年3月からはアメリカで亡命生活を送ることになる。

 彼はいずれプラハに戻るつもりでいたようだが、第二次世界大戦終結後の1948年、チェコスロヴァキアに共産党政権が樹立されると、帰国を断念し、米国の市民権を獲得する。しかし米国に永住することはなく、1953年にはヨーロッパに戻る。その後、彼はフランス、イタリアを経てスイスに落ち着き、1959年、同地で亡くなった。

 マルティヌーが最初の交響曲である第1番を書いたのは1942年の夏で、すでに51歳になっていた。多産な作曲家であったマルティヌーは、それまでにオペラ、バレエ、協奏曲、管弦楽曲、室内楽曲など、交響曲以外のあらゆる分野で200以上の作品を発表していた。また、交響曲を書きたいという気持ちも以前から持っており、1928年にも一度作曲を試みている。しかしこれは最終的に、交響曲ではなく《ラプソディ》H.171となった。

 彼がなかなか交響曲を書かなかったのは、他の多くの作曲家と同様、交響曲を他とは異なる特別な分野と見なしていたためであるようだ。交響曲第1番のプログラムノートで彼は、「自分の交響曲第1番という問題に直面すると、非常に過敏に、そして真剣に構えてしまい、考え方が、ベートーヴェンではなくブラームスの第1番に結びついてしまうことは理解していただけるでしょう」と書いている。

 交響曲第1番は、1942年、ボストン交響楽団の音楽監督だったセルゲイ・クーセヴィツキー(1874~1951)の依頼によって書かれた。これは、同年1月に世を去ったクーセヴィツキーの夫人ナタリー(1880~1942)の莫大な遺産によって設立された財団によるもので、ナタリーの思い出に捧げる作品を、というのが依頼の内容だった。ただし、マルティヌーはこれより前、1941年12月19日付けのクーセヴィツキー宛ての手紙で、彼のために交響曲を作曲したいと書いており、依頼はこれに応えてという意味もあったと思われる。

 クーセヴィツキーの指揮で行われた初演は大成功で、『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン』紙の批評家・作曲家ヴァージル・トムソン(1896~1989)はこの曲を絶賛し、マルティヌーを、愛国的作曲家としてドヴォルザークの上、スメタナと同格と評した。また、クーセヴィツキーも「私は25年以上これほど完璧な作品を手にしたことがない」と絶賛した(ただし彼はバルトークの《管弦楽のための協奏曲》でも同じようなことを言っている)。なお、第1番のあと、マルティヌーは1946年まで毎年1曲のペースで第5番までの交響曲を作曲する。第6番だけは1951年にニューヨークで書き始め、1953年にパリで完成したので、6曲の交響曲のうち5曲がアメリカで完成されたことになる。

 交響曲第1番は4つの楽章を持つ古典的な構成の作品だが、シンコペーションの多用、ピアノが活躍する特徴的なオーケストレーションなどには、マルティヌーの作品に通底する個性がよく表れている。その一方で、交響曲第2番以降、マルティヌーは簡潔に切り詰められたスタイルへの志向を強めていくので、第1番は結果的に6曲のうちで最も規模が大きく、複雑な構成を持つ作品となり、それがこの曲の個性となっている。

 第1楽章 モデラート~ポーコ・ピウ・モッソ 自由なソナタ形式(再現部のないソナタ形式と見ることも可能)。半音階を上行する短い序奏に続き、弦合奏をメインに第1主題が提示される。これは聖ヴェンチェスラス(ヴァーツラフ)の加護を求める中世ボヘミアのコラールから取られたとされるもの。第1主題も、木管とピアノに現れる第2主題も、シンコペーションを特徴としている。また、これらの主題のパーツや序奏の上行音型、そして「ドレドレ」や「ドシドシ」といった、半音または全音を往復する動きなどは全楽章を通じて現れ、全曲を統一する役割を果たしている。

 第2楽章 アレグロ 三部形式によるスケルツォ。管楽器と弦楽器のピツィカートによるリズム(ピアノが鋭く叩く和音が印象的)で始まる主部は力強い。これが最後にテンポを上げて終わると、イングリッシュホルンのB(変ロ)の音だけが残り、いくらかのどかさのあるトリオ(ポーコ・モデラート)に移行する。オーボエの吹くひなびた旋律に導かれるこのトリオは、弦楽器がまったく使われていない。打楽器のみによる経過句をはさんで主部が回帰する。

 第3楽章 ラルゴ 三部形式。ピアノとタムタムによる鐘の音のような一撃に始まる。低弦が暗鬱にうごめいたあと、やがてヴァイオリンが悲痛な歌を歌い始め、しばしば分割される弦を中心に高揚していく。中間部ではトランペットが弔いの歌を吹く。1946年にこの曲のプラハ初演を指揮したシャルル・ミュンシュ(1891~1968)は「私は彼を現存する最も偉大な作曲家のひとりと思っています。交響曲第1番の第3楽章を指揮するときはいつも深く心を動かされます」と述べた。

 第4楽章 アレグロ・ノン・トロッポ 自由なロンド形式によるフィナーレ。ボヘミア民謡も取り入れた、多彩なリズムを持つ主題が次々に現れる。第1楽章冒頭の半音階上昇をはじめ、前の楽章の素材もまじえつつエネルギッシュに進み、明るい終結に至る。

(増田良介)

作曲年代 1942年6月~9月1日
初  演 1942年11月13日 ボストン
セルゲイ・クーセヴィツキー指揮 ボストン交響楽団
楽器編成 ピッコロ、フルート2、オーボエ2、イングリッシュホルン、クラリネット3、ファゴット2、コントラファゴット、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、テューバ、ティンパニ、トライアングル、タンブリン、小太鼓、大太鼓、シンバル、タムタム、ハープ、ピアノ、弦楽5部

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 op.68

 1853年秋、当時まだ20歳の無名の作曲家ヨハネス・ブラームス(1833~97)はデュッセルドルフのロベルト・シューマン(1810~56)のもとを訪れた。シューマンはブラームスの才能に驚嘆し、久々に評論の筆を執って彼を音楽の“逞しい闘争者” として称賛、「新しい道」と題されたこの評論によって、ブラームスは一躍名を知られることになる。

 言うまでもなくシューマンはロマン主義的な音楽を追求した作曲家だが、一方でベートーヴェン(1770~1827)以来の伝統を重視し、リスト(1811~86)やワーグナー(1813 ~ 83)らの革新的な動きに懐疑的だった。だからロマン的精神を伝統様式のうちに打ち出したブラームスの音楽は、シューマンの目にはドイツ的伝統を理想的に継承発展させるものと映ったのである。

 自身ベートーヴェンを崇敬していたブラームスにとって、シューマンの賛辞は光栄であるとともに大変な重荷にもなった。生来の自己批判的な性格もあって、彼はベートーヴェンを継ぐジャンルとして最も重要な交響曲の作曲に慎重にならざるを得なくなり、シューマンの薫陶を受けて間もない1855年前後に最初の交響曲を構想するも、それが結実するのは実に約20年後、1876年のこととなる(第2楽章は初演後に大幅改訂)。

 こうして出来上がった作品は、長年の苦心の甲斐あって、劇的な闘争から輝かしい勝利へ至る全体の構図、徹底した主題展開法による緊密な構築性といった点でベートーヴェンの伝統を継承した作風を示している。

 その一方、そこにシューマンの未亡人クララ(1819~96)に対する想いも重ね合わせられていることが、クララClaraの音名象徴 C-A-A(ハ-イ-イ)を様々な旋律動機の中に織り込んでいることや、終楽章の暗い序奏の最後に突如霧が晴れるかのように現れるホルンの旋律がクララの誕生日にブラームスが贈った歌の引用(旋律自体はブラームスのオリジナルでなく彼がアルプスで耳にしたもの)であることなどに示唆されている。

 ベートーヴェンの古典的伝統を受け継ぎつつも、そうした個人的な愛の表現を秘かに織り込んでいるところに、19世紀後半の作曲家としてのブラームスのロマン派的側面が窺えよう。

 第1楽章 ウン・ポーコ・ソステヌート~アレグロ ハ短調 緊迫した序奏に始まり、主部も緊張感に満ちた闘争的な展開が繰り広げられる。

 第2楽章 アンダンテ・ソステヌート ホ長調 豊かな叙情とロマン性に満ちた三部形式の緩徐楽章で、最後の部分では独奏ヴァイオリンとホルンが愛の語らいのようなデュエットを奏でる。

 第3楽章 ウン・ポーコ・アレグレット・エ・グラツィオーソ 変イ長調 穏やかな間奏風の楽章。

 第4楽章 アダージョ~ピウ・アンダンテ~アレグロ・ノン・トロッポ・マ・コン・ブリオ ハ短調~ハ長調 緊迫感漂う序奏に始まり、やがて前述のホルンの旋律と荘重なコラールが奏された後、ふっきれたかのような明朗な第1主題が示されて晴れやかな発展をみせていく。

(寺西基之)

作曲年代 1874~76年(構想は1850年代半ばから)
初  演 1876年11月4日 カールスルーエ
オットー・デッソフ指揮 カールスルーエ宮廷管弦楽団
楽器編成 フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、コントラファゴット、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ、弦楽5部

文章・写真等の無断転載を禁じます。