ディランのドラマから新たなパワーを引き出したコリリアーノの音楽

コリリアーノ:ミスター・タンブリンマン
─ボブ・ディランの7つの詩(2003)(日本初演)

John Corigliano

コリリアーノ:ミスター・タンブリンマン−ボブ・ディランの7つの詩
2008年グラミー賞受賞作品
(クラシック現代作品部門、ベスト・クラシカル・ヴォーカル・パフォーマンス部門)

 シルヴィア・マクネアーからカーネギー・ホールで歌う大きな連作歌曲を作曲してほしいと依頼された時、彼女が私に提示した希望はただ一つ、アメリカのテクストを使ってほしい、ということだった。


 成人後の私の作品で、テクストを扱った詩人は4人だけである。スティーブン・スペンダー、リチャード・ウィルバー、ディラン・トーマス(私のオラトリオ《ディラン・トーマスの詩による3部作》は彼の傑作に基づいている)、そしてウィリアム・M・ホフマンである。ウィリアムとのコラボレーションは数々あるが、オペラ『ヴェルサイユの幽霊』が筆頭にあげられる。今回も彼に新しいテクストを創作してもらうほか、私にはアイデアが浮かばなかった。


 ただし、ボブ・ディランというフォーク・シンガー/ソングライターの評判が非常に高いことはいつも聞いていた。だが私は自分のオーケストラの書法を磨くことに懸命で、世界中がディランの歌を聞いていたころ、私は彼の曲をまったく聞いたことがなかった。


 そこで彼の詩集を買ってみた。すると多くの詩に、私の知るどの詩にも引けをとることのない、美しく、すぐに心に響く言葉が並んでいるのがわかった。そして驚いたことに、私自身の音楽言語との相性がぴったりだと感じた。すぐに私はボブ・ディランのマネージャーのジェフ・ローゼンにコンタクトを取り、ディランの詩を私の音楽に使用したいという考えを伝えた。


 未だかつて、そのような試みがなされたという例はなかったので(それも私にとっては大きな魅力だった)、私はディランの作品のアレンジをしたり、変奏曲を作ったり、原曲を借用するのではないということ、そして自分の連作歌曲を完成させるまではディランの原曲を聞かないと決めていることをマネージャーに説明した。シューマンやブラームスやヴォルフたちが、ゲーテの同一の詩を自分たちの音楽スタイルの中で再解釈したのと同じように、私はディランの詩を私が受け止めるままに扱いたいと思った。ポップスやロックを書くことに挑戦するつもりもない。ポピュラー・アートとの強い結びつきのある詩を取り上げ、それを言うなれば反対方向の、クロスオーバーによるコンサート芸術へと差し向けたいと思ったのだ。ディランは許可をくれて、私は作品に取りかかった。


 35分の連作歌曲のために、私は7つの詩を選んだ。空想的で華麗なプロローグ「ミスター・タンブリンマン」に続いて、5つの鋭敏で内省的なモノローグが作品の中心部分を形成する。そしてエピローグの「いつまでも若く」は一種のフォーク・ソング的ベネディクトゥス(祝祷)であり、これが作品を締めくくる。5つの歌は、感情の成熟、市民が成熟していく旅をドラマティックに辿る。無邪気な「物干し」に始まり、広い世界があることに気づき始め(「風に吹かれて」)、「戦争の親玉」では政治に対する怒りを覚え、この世の終わりを予感し(「見張塔からずっと」)、思想の勝利というヴィジョンに到達する(「自由の鐘」)。音楽的には、5つの歌それぞれが伴奏的なモティーフを提示し、それが次の曲の主要モティーフとなる。「物干し」の下行音階は「風に吹かれて」のパッサカリアとして浮かび上がる。「風に吹かれて」の脈打つような音型は、「戦争の親玉」で打ち鳴らされるオスティナートとして引き継がれる。「戦争の親玉」の終わりに爆発的に現れる切迫した和音は、「見張塔からずっと」の騒がしい伴奏へと繋がる。そして「見張塔からずっと」で反復する音型は、「自由の鐘」の鐘の音へと溶けていく。


 声楽とピアノによる版を作曲してから数年後、私はこの作品をオーケストレーションした。(ディランのテクストだけに)ソプラノは“オペラティック”に歌ってほしくはない。そのため増幅(amplified)することを明確に記した。アンプを用いることで、ソプラノはオーケストラに重ねて発声しながらも、親密な声音を維持することができる。作品はマーク・アダモに捧げられている。


(ジョン・コリリアーノ/飯田有抄訳)

ジョン・コリリアーノ John Corigliano

1938年ニューヨーク生まれ。現代音楽において、最も豊かで、個性的で、幅広い作風による作品を世に送り続けているアメリカの作曲家。代表作は、打楽器と弦楽のための《奇術師》、ヴァイオリン協奏曲《レッド・ヴァイオリン》、交響曲第3番《サーカス・マキシマス》、交響曲第2番、交響曲第1番、オペラ『ヴェルサイユの幽霊』など。ジュリアード音楽院作曲科で教え、ニューヨーク市立大学レーマン・カレッジで特別教授を務めている。

第855回 定期演奏会Bシリーズ

2018年5月22日(火)19:00開演(18:20開場)
サントリーホール


指揮/下野竜也
ソプラノ/ヒラ・プリットマン *


メンデルスゾーン:交響曲第3番 イ短調 op.56《スコットランド》
コリリアーノ:ミスター・タンブリンマン ─ボブ・ディランの7つの詩(2003)*(日本初演) 【コリリアーノ80歳記念】


ディランのドラマから新たなパワーを引き出したコリリアーノの音楽

文/谷口昭弘(音楽評論家)

  • ボブ・ディラン

     激動の1960年代のアメリカにおいて、音楽を通して若者文化に大きな影響を与えたミュージシャンの一人がボブ・ディランである。60年代は公民権運動の本格化、ベトナム戦争に対する反戦運動、ケネディ大統領暗殺事件など、米国社会全体が揺るがされ、その中で愛と平和を訴える若者たちが集い、新しい価値観を生み出しつつ時代を変動させていった。

     ディランが生まれたのは1941年。大人になった頃は、まさにその激動の60年代である。ロックンロールが本格的に花開いた時代に少年時代を生きつつも、彼が音楽的に影響を受けたのは、よりディープなルーツ・ミュージックだった。フォーク・ミュージックとも呼ばれていたそのジャンルは、かつては山岳地帯や農民の間で親しまれていたが、ディランの時代になると、時事問題や社会の不正を糾弾するメッセージを盛り込み、新たな影響力を持つ都市の音楽にもなった。

     その歌詞を使った連作歌曲集を作ったコリリアーノはディランの3つ年上の1938年生まれ。ほぼ同世代なのにディランを知らなかったという。コリリアーノにとってのフォーク・ミュージックは、3つか4つの和音で歌を伴奏し、歌詞の内容に関わらず旋律が一定だということで、音楽的な関心が向かなかったということらしい。

     ところがソプラノ歌手のシルヴィア・マクネアーからアメリカのテクストを用いた新しい連作歌曲の委嘱を受けた時、アメリカの詩人としてコリリアーノが選んだのがディランだった。ウォルト・ホイットマンやエミリー・ディッキンソンなど、アメリカには多くの詩人たちがいるはず。しかしコリリアーノにとって、偉大な詩人たちは一部の愛好家のみが喜ぶもの。彼が求めたのは「すべての人々に語りかける詩人」だった。そして友人から教わったのがフォーク・シンガーのボブ・ディランが歌った歌詞の数々。さっそくオンライン書店にディランの詩集を注文し、コリリアーノは夢中になってそれを読んだ。最終的に連作歌曲としてまとまりのある7つの詩に曲が付けられて完成したのが2003年のこと。2016年にノーベル文学賞をディランが受賞するよりも10年以上前のことだった。

  •  さてコリリアーノが選んだ7つの詩はいずれも1960年代のアメリカの世相を反映したものである。彼はディランのこの時代の詩が、当時の人々を揺り動かし、社会や政治に対する関心を高めたことに注目し、その意義は現在にも通ずることがあると考えたのだった。そしてクラシックの作曲家としてのコリリアーノの役割は、ディランの歌詞を純粋に詩として捉え、その詩が描き出す世界観を音楽でいきいきと表現することだった。

     冒頭の「ミスター・タンブリンマン」から、コリリアーノは1960年代の若者たちが生み出したカラフルなサイケデリックな文化を綴っていく。タンバリンの音も聞こえてくる。そして最初こそイージー・ゴーイングに、無垢な人々が「物干し」に登場するものの、次第に社会に対する彼らの目が開かれると、戦争で金儲けをする武器商人たちに怒りをぶちまける「戦争の親玉」へとつながっていく。これまでの社会の前提が次第にくずれていくことが、けたたましく鳴る警鐘の音とともに「見張りの塔からずっと」で示されると、今度は新しい世界が開けてくることが「自由の鐘」によって示される。もちろん7つの詩は別々の機会に書かれ、コリリアーノが並べた順番には作られていない。しかしそこには作曲者が1960年代に感じたストーリーが表わされている。

     この連作歌曲をじっくり聴いてみると、言葉一つ一つに細かく音色を付け、詩のフレーズごとにドラマを作り出すパワーがディランの詩にあったことに聴き手はまず驚くだろう。そしてディランと違ったコリリアーノの音楽世界に、詩人ディランのすぐれた読者としてのコリリアーノの存在を覚える。《ミスター・タンブリンマン》は、そんな作品ではないだろうか。

ジョン・コリリアーノ 
メッセージ

  • このたび、東京都交響楽団が私の《ミスター・タンブリンマン─ボブ・ディランの7つの詩》を演奏してくださることを光栄に思います。マエストロ下野竜也はいくつもの私の作品を演奏してくれている長年の友人です。下野氏自身も、また彼が指揮するオーケストラも卓越した音楽家たちであり、常に驚異的な演奏を聴かせてくれます。そしてヒラ・プリットマンも偉大なアーティストです。音楽とテキストを理解する彼女の才能は見事としか言いようがありません。

    ボブ・ディランは偶像的なソングライターであり、彼が書く詩は私たちの時代の最も偉大な詩の数々に比肩します。多くの人々が彼の歌詞を知っていると同時に、これらの詩によってディランにノーベル文学賞が与えられたということを高く評価しています。傑出した文学作品でありつつ優れて民衆的。彼の詩は稀有なコンビネーションの体現なのです。私は、私の(ディランとはまったく異なるジャンルの)音楽を聴衆に聴いてもらうために彼の詩に作曲できたことを本当にうれしく思っています。そして、このまったく異なる方法で仕立てられたディランの詩を、それらをよくご存知であろう日本の聴衆のみなさまにも聴いていただけるのは素晴らしいことだと思っています。お楽しみいただけますよう。



    I am honored to have the Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra play my ‘Mr. Tambourine Man: Seven poems of Bob Dylan’. Maestro Tatsuya Shimono is an old friend, having performed many of my works with his orchestra. He and his ensemble are superb musicians, and are bound to give a phenomenal performance of my work. Hila Plitmann is a great artist, and her understanding of the music and text are supreme.

    Bob Dylan is an iconic songwriter, and his lyrics rank with the greatest poetry of our time. While most people know the words of the songs in this cycle, they are so highly thought of that Dylan was given the Nobel Prize for literature for the lyrics. They are both distinguished and highly popular - a rare combination. It has been my pleasure to set them to my (very different) music for audiences to hear. I think it will be a wonderful thing for Japanese audiences to hear the words they might know well set in an entirely different way. I hope they enjoy this.

下野竜也 
メッセージ

本公演でタクトを振るのは下野竜也。
かねてよりコリリアーノ作品を手掛け、作曲家からの信頼も厚いマエストロから公演に寄せてメッセージが届きました。

  • ジョン・コリリアーノと下野竜也(2012年6月)

    ジョン・コリリアーノさんの音楽に初めて触れたのは、1997年5月大阪フィルのアシスタントをしていた時でした。秋山和慶先生指揮による交響曲第1番。以来、彼の大ファンとなり色々な作品を聴きスコアを集め、いつか演奏したいなと温めていました。これまで《ハーメルンの笛吹き》や《マンハイム・ロケット》そして念願の交響曲第1番も演奏して来ました。ヴァイオリン協奏曲《レッド・ヴァイオリン》を演奏した際には、コリリアーノさんが来日されて初めて対面しました。私が読響デビュー時のライブ録音した交響曲第1番のCDをお渡ししたら非常に驚かれ、喜んで下さり、それから交友が始まりました。

    今回の《ミスター・タンブリンマン》は、今年がコリリアーノさんの生誕80周年を記念し世界中で彼の作品を演奏しようと出版社の音頭で行われるという事で、都響と相談して決めました。丁度、その頃、ボブ・ディランさんのノーベル文学賞受賞の話題で持ちきりだったのもあります。

    彼の音楽はとても美しいです。非常に多層的に書かれ、アイヴスの様に、様々なテンポが同時に進行したり面白い仕掛けも散りばめられています。

    素敵な詩に改めて彼が曲をつけたのですが、コリリアーノさんがその詩の中に入り込み語り歌っている様が浮かびます。

    これを機にもっともっと彼の音楽が聴かれると嬉しいです。いつか彼のオペラ『ヴェルサイユの幽霊』も上演したいです。

公演情報

第855回 定期演奏会Bシリーズ

2018年5月22日(火)
19:00開演(18:20開場)
サントリーホール

チケット購入

チケット購入

指揮/下野竜也
ソプラノ/ヒラ・プリットマン *

メンデルスゾーン:交響曲第3番 イ短調
op.56《スコットランド》
コリリアーノ:ミスター・タンブリンマン
─ボブ・ディランの7つの詩(2003)*
(日本初演) 【コリリアーノ80歳記念】


視聴する(NAXOS)


2017年5月19日に《ミスター・タンブリンマン》がデトロイト交響楽団(指揮/レナード・スラトキン、ソプラノ/ヒラ・プリットマン)により演奏されました。
公演映像が同楽団の公式サイトで公開されています(要登録・有料)。
https://www.dso.org/replay